ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

かんざし製作その2

夫婦玉簪の続きです。足先が整って次はロウ付け作業に入ります。
耐火煉瓦の上に並べロウを盛ったところ。
e0271858_1885638.jpg

まずは松葉の状態に足を付け、次に葉をロウ付けしていきます。
この簪は簡易的な作りのものなので葉は既製品のパーツを利用します。
e0271858_1891919.jpg

出来上がった時を想像しながら葉を一枚ずつ付けていきます。
ピンセットで部品を持ちバランスを見ながら付けます。
火を当て過ぎると解けてしまうので神経を使う工程。
e0271858_1893490.jpg

左右に葉が付きました。この後は先端に玉を挿す鋲を同じようにロウ付けします。
e0271858_1895481.jpg

ロウ付け後、薄めた硫酸液にしばらくつけ込み不純物を取り除きます。
e0271858_1810889.jpg

硫酸から取り出し洗浄後、足の根元と首部分を少し湾曲させます。
ここがポイント!ただの真っ直ぐな棒状では素っ気ないものになってしまいます。
程良くしならせることにより、艶っぽい品物となります。
この後はメッキを付けます。メッキだけは専門職なので外注加工します。
e0271858_18102233.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2012-04-22 18:17 | 仕事場 | Comments(0)
<< すみだもの処 かんざし製作その1 >>