ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

玉かんざし修理

先日の奥山で浅草の芸者さんから修理の依頼を受けました。
銀製品なので変色もしています。
e0271858_915326.jpg

ご要望は耳かき部分を長くしたいとのこと。
耳かきのみを新規に製作します。
e0271858_9162590.jpg

銀の板から耳かき部分を切り回ししている工程。
厚みを出すため二枚重ねにロウ付けして作ります。
e0271858_9165117.jpg

首の部分になるパイプをロウ付けした状態。
耳かき状にたたいて反りを付けます。
e0271858_9171185.jpg

ここからヤスリで削り出し、滑らかな曲線を整形していきます。
簪にとって耳かきは飾りの次に重要な部分。
本体とのバランスを考え、長さ・大きさを決めます。
e0271858_9173446.jpg

整形後の状態や磨き工程をうっかり撮り忘れ・・・仕上がりました。
銀本来の輝きを取り戻し、生まれ変わりました。
e0271858_9175537.jpg

来週の三社祭で使いたいとの依頼でしたので急ぎの仕事でしたが、喜んでいただけたら幸いです。
e0271858_9181618.jpg

このように修理や修復などの仕事も受けております。
箪笥の中に眠っている簪が甦ります、是非ご一報を。
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-09 09:44 | 仕事場 | Comments(0)
<< サントリー美術館 催事のお知らせ >>