ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

かんざし製作(桜びら簪)その2

昨日の続き。
桜の花の花芯部分を作ります。
e0271858_922236.jpg

薄い真鍮板を5mm程に切り、更に切鋏で切り目を入れます。
e0271858_9225075.jpg

筒状に丸め、花にはめ込んだ状態。雌しべを広げ花らしくなりました。
e0271858_9231112.jpg

各部品をロウ付けし、形を整えます。サンゴ玉を置いて完成時を確認。
e0271858_9234286.jpg

台座と足をロウ付けし、足にアクセントとなる彫金を入れます。
松ヤニの台に本体を固定し彫りを施します。
e0271858_924537.jpg

花の下に月が見え隠れ、足の部分の彫りは月明かりが水面に映っているという見立て。
隠れて見えない部分に細工を施すのが錺の特徴。
錺が意味する物語を紐解いてみるのも楽しみのひとつです。
e0271858_9242195.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-14 09:00 | 仕事場 | Comments(2)
Commented at 2012-05-16 22:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazarikanzashi at 2012-05-17 08:46
松岡さんコメント有難うございます。
宣伝のためこんなことをやり始めました。
たまには覗いてください。
<< 平成中村座&スカイツリー祝賀イベント かんざし製作(桜びら簪)その1 >>