「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

牡丹梅びらかんざし製作中~その1~

今回ご紹介するのは婚礼用のご依頼の前びら簪一対です。
飾りは百花の王と呼ばれる牡丹の花の周りに吉祥文様の梅の花を散らしたもの。
土台になる部分は軽量化も考え花柄枠に梅枝の透かし。
e0271858_2248748.jpg

牡丹の花に鏨(たがね)を使い筋目を入れていきます。
調子よく同じピッチでトントンとたたき彫りの作業。
e0271858_2363829.jpg

たたき彫り用の鏨には大小様々な直線・曲線・丸などの種類があります。
使えなくなった鑢(ヤスリ)を火で焼き戻し、必要な形を自分で作ります。
リサイクルし道具として生まれ変わるのです。職人の知恵ですね。
e0271858_2365781.jpg

花に膨らみを出すため、ぼうず鏨でたたき立体的になったところ。
部品が揃いロウ付け作業へと移ります。
e0271858_22492222.jpg

一本の簪にこの数の部品が使われます。
お誂え品は見本がないため、組み上がった状態を想像しながら進めていきます。
バランスを考え、途中で花数を増やしたり減らす場合もあります。
e0271858_22532562.jpg

ロウ付け終了。
メッキを付けてサンゴ玉を入れると可愛らしい雰囲気になると思います。
e0271858_2254665.jpg

足の製作へとつづく。。。
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-06-20 23:42 | 仕事場 | Comments(0)
<< すみだパークギャラリーささや本... 犬と散歩 >>