ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

牡丹梅びらかんざし製作中~その2~

少し間が開いてしまいましたが、婚礼用のびら簪のつづきです。
飾りの土台となる部分と簪の足の部分に彫りを施していきます。
e0271858_22331658.jpg

左右一対で使う「牡丹に梅飾り」土台の裏側に松と竹の彫りを入れ松竹梅の隠し柄にします。
e0271858_22334437.jpg

松ヤニの彫金台に固定し、簪の根元部分に「瑞雲文様」を毛彫りします。
瑞雲とは、めでたいことの前兆として現れる雲のこと。吉祥性を高めていきます。
e0271858_2234648.jpg

瑞雲に梨地を入れ文様にメリハリをつけます。
銀メッキを付けた後にこの部分だけ差し金メッキを付け雲が浮き立つようになります。
e0271858_22342845.jpg

簪となる部品が全て揃いました。メッキは外注加工になります。
~その3~はメッキが付き、組み立てから仕上げの工程になります。
e0271858_22345028.jpg

いよいよ完成間近。。。
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-06-30 23:15 | 仕事場 | Comments(0)
<< 牡丹梅びらかんざし製作中~その3~ 虫つくる&ミニスキュル >>