「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

牡丹梅びらかんざし製作中~その3~

びらかんざし最終工程。メッキが付いて梅花の花芯や足部分の瑞雲文様に差し金メッキを施し、
花にはサンゴ玉が入りました。
e0271858_654374.jpg

短冊びら下がりの仕込み。サンゴ玉にカンを取り付けます、40数個もある地味な内職作業。。。
e0271858_6552945.jpg

簪になるまでもう一息。びら下がりを一枚づつ取り付けていきます。
e0271858_6554583.jpg

いよいよ飾りと本体をドッキング。かしめと呼ぶ技法で台座に固定。
e0271858_656157.jpg

花の形を整え牡丹梅びら簪の出来上がり!
花の中心に乗せた赤いサンゴ玉はお母様が身に着けていたイヤリングをリメイクしたもの。
親御さんの想いが込られています。
e0271858_6562792.jpg

百花の王と呼ばれる牡丹の周りに可憐な梅の組み合わせ。
台座には松と竹の彫が入り足の根元には瑞雲文様。吉祥尽くしの簪となりました。
e0271858_6565033.jpg

結婚式も間近のようです。
人生の大きな1ページとなる行事にお役に立てたこと、職人として大変光栄に思います。
新たな人生のはじまりですね!どうぞ末永くお幸に、心からお祝い申し上げます。
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-07-02 12:00 | 仕事場 | Comments(2)
Commented by わたなべです at 2012-07-04 13:25 x
 婚礼用の簪は、思っていた以上の美しさでした。華やかで可憐で品格がありました。次世代へ伝えられることを願い、大切に使わせて頂きます。 ありがとうございました。
Commented by kazarikanzashi at 2012-07-05 07:23
お褒めのお言葉をいただき感謝いたします。
写真も楽しみにしてますね!この度はおめでとうございます。お忙しい中コメント有難うございました。御礼まで。
<< 花想容~爽やか夏の小物市~ 牡丹梅びらかんざし製作中~その2~ >>