ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

前進座十月公演「おたふく物語」

前進座劇場で現在上演中の「おたふく物語」山本周五郎=原作/橋本英治=演出・脚色
こちらの舞台で錺職人が出るということで、僭越ながら技術指導をさせていただきました。
9月末に演出家の橋本英治さん・錺職人役の益城 宏さん・その他スタッフの方々がうちの仕事場に訪れ、道具類や製作工程などの話をお聞きになった風景がパンフレットにも紹介されました。
e0271858_22333399.jpg

こちらがパンフレット。10月23日~25日の3日間は浅草公会堂で上演されます。
e0271858_22361366.jpg

3ページに渡り取材風景が紹介されています。
1ページ目
e0271858_22373767.jpg

2ページ目
e0271858_2238369.jpg

3ページ目
e0271858_22384725.jpg

文面にも紹介されていますが、今回このような経緯は前進座の床山さんが私のことを紹介してくれたのがきっかけとなりました。
今こうして仕事ができるのも、床山さん方に育てていただいているからこそ。
また貴重な体験をさせていただきました。
「おたふく物語」ご興味のある方、是非劇場へ足をお運びください。
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-10-18 08:00 | 日記 | Comments(1)
Commented by 小林みちえ at 2012-10-19 09:09 x
前進座の小林です。
『おたふく物語』ご紹介いただき、本当にありがとうございます(*^^*)
山本周五郎の前進座18作目の新作、13日に初日の幕をあけ、おかげさまで大変ご好評をいただいております。
男性と女性では感じるものが、また違うようで、今回、男性のお客様が涙ぐんでいらっしゃる姿が多いです(もちろん女性もですが)。
錺職人役の益城も、教えていただいた“たたき彫り”を、短いシーンですが、実践しております!
私自身も、このお芝居のおかげで、本当に貴重な体験をさせていただきました。
お店にならんでいる、あるいは舞台で使われている簪を見る目が変わりました。
本当にありがとうございました。
<< もののみごと~江戸のわざ、江戸... 高島屋へお越し頂いたお客様へ >>