「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

傾城えりずり修理

只今修理中の「えりずり」と呼ばれる簪の作業風景です。
えりずりとは「傾城」いわゆる花魁・遊女の髪型に左右一対で挿す簪のこと。
今回床山さんからの修理品は、くすんでしまったので綺麗にしてほしいという依頼。
e0271858_845820.jpg


いつもつい写真を撮るのを忘れてしまい...既にびらを取った状態。
かなり腐食していたので、短冊びらは全て新規に作り直すようになります。
e0271858_8471974.jpg


簪には200枚ほどの短冊びらが下がります。
一対で使うものなので少しでも重さを軽減するため、薄い板を使います。
e0271858_8482216.jpg


真鍮板に筋を入れ、穴をあけ、短冊状に切って行きます。
反りを直し、サンゴ玉と組んでメッキを付け直せば新品同様に甦ります。
e0271858_8582192.jpg


参考までに「廓文章」夕霧の髪型。歌舞伎美人から抜粋させていただきました。
e0271858_954298.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-06 09:12 | 仕事場 | Comments(0)
<< 龍馬伝 お元の櫛簪 六代目中村勘九郎襲名披露公演 ... >>