ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

簪を復刻する

先週は預かった見本を新たに作る作業をしました。
古い時代のものではないですが、似たように作るのではなく、同じように復刻する作業は手間がかかり難しいものです。 このような仕事、中にはとてもまねることの出来ない細工物もあり、肩を落とすこともありますが、品物によってはつい手を加えたくなるのが職人魂。
e0271858_449315.jpg


全体的なバランスを見て、耳かきの大きさをやや大きくしたり、葉の曲げ具合に多少変化を付け、分からない程度にマイナーチェンジ。 
出来上がった時に、新たに作った方が良い細工だねと言われたいものでもあり、10年後に修理品として戻って来た時に、これは自分が手掛けたものだと分かりますしね。
e0271858_4495792.jpg


e0271858_19434124.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2013-07-07 05:19 | 仕事場 | Comments(0)
<< ソラマチへお越し下さい。 松竹梅鶴びら簪 >>