ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

舟の櫂(かい)にしじみ簪

◼︎櫂に蜆かんざし ¥12,960(税込)全長14cm
櫂部分:ツヤ消し金メッキ 蜆部分:つや消し黒メッキ べろ:銅 紙折箱入り

江戸時代、隅田川(浅草川)の汽水域では白魚やシジミ漁が盛んに行われ、業平の蜆(しじみ)は江戸名物のひとつでもありました。
舟を漕ぐ櫂(かい)に蜆が乗ったこのデザインは、かつて下町の粋な女性が挿していたことを連想させられます。
三社・鳥越・神田・深川などなど、下町は祭りの季節に入りました!
下町女性に着けてもらいたい粋な簪です。
e0271858_114090.jpg

しじみからべろが出ているところが見せ所。艶っぽくなまめかしいユーモラスなデザインです。
e0271858_1141496.jpg

e0271858_1141618.jpg

e0271858_1142082.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2016-05-14 11:36 | 作品紹介 | Comments(0)
<< 墨田区伝統工芸保存会 感謝市! はじめての体験教室 >>