ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

カテゴリ:仕事場( 138 )

露草に鈴虫飾り櫛製作

ソラマチ実演で進めていました、芸妓の櫛の製作工程を改めて紹介します。
真鍮板に図柄を貼り付け
e0271858_19421982.jpg

切り廻し
e0271858_19422975.jpg

通常全て切り抜いてから彫金をしますが、露草のふちに彫りを入れるため外枠のみ切り抜きます。
e0271858_1942352.jpg

毛描いた線に沿って彫り入れ
e0271858_19424628.jpg

露草が浮かび上がりました
e0271858_1944537.jpg

穴を空け中を切り抜きます
e0271858_19451239.jpg

切り廻し後、ヤスリで整えていきます
e0271858_19452044.jpg

続いて鈴虫の製作
e0271858_19453597.jpg

鏨(たがね)で羽根などの彫りを入れます
e0271858_1946140.jpg

らしくなってきました
e0271858_1946654.jpg

触覚が付き鈴虫ができました
e0271858_19461656.jpg

磨き上げ、露の玉や虫を乗せてみました。メッキが付いたら改めてアップします
e0271858_19462367.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2016-03-18 20:03 | 仕事場 | Comments(0)

七宝文様透かし櫛製作

京都の芸妓さんからご注文いただいた櫛の紹介です。
e0271858_977100.jpg

透かすのは七宝の連続文様、まずは穴をあけるために目打ちを入れていきます。
e0271858_99280.jpg

ドリルで穴あけ作業。
e0271858_99338.jpg

約80箇所の透かしになります。
e0271858_994087.jpg

切り廻し工程。
e0271858_995538.jpg

e0271858_9101022.jpg

文様部分が切り抜けました。
e0271858_9101890.jpg

続いて櫛歯を切り落とします。
e0271858_9122534.jpg

切り廻し終了。
e0271858_9123132.jpg

ヤスリがけ作業。
髪に引っかからないように櫛歯1本づつヤスリで滑らかに整えていきます。
e0271858_9123742.jpg

e0271858_9125078.jpg

細かいキズなどを磨き落としていきます。
e0271858_91255100.jpg

磨き上がり、いざメッキ屋へ。
e0271858_913143.jpg

メッキが付いて仕上がるところですが、片面に金メッキを施し両面仕様にしました。
e0271858_913892.jpg

これから芸妓さんと共に輝き続くことでしょう。
e0271858_9131771.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2016-03-10 09:29 | 仕事場 | Comments(0)

源氏香文様髪留め製作

お誂え注文の髪留め(バレッタ)を作りましたので製作工程を紹介します。
e0271858_19205780.jpg

下絵を貼り付けいざ切り回し。
e0271858_19205903.jpg

e0271858_19210261.jpg

丸槌で叩き反らしていきます。
e0271858_19210400.jpg

e0271858_19210626.jpg

髪留めの金具が付きました。
e0271858_19210864.jpg

磨き上げメッキが付いて仕上がりました。
e0271858_19211110.jpg

艶消し金メッキ仕上げで品のある品物になりました。
e0271858_19211336.jpg

お揃いの根付けも作りました。
e0271858_19211685.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2016-03-08 19:09 | 仕事場 | Comments(0)

双葉葵・梅簪つづき

葵の葉と梅の花に彫り入れした後の続きです。
丸鏨で葉と花に膨らみを付け、足部分とロウ付け。
磨いたのち、自然な曲線を付けて、かたちになりました。
双葉葵は江戸時代に流行した簪で、少しアレンジして復刻しました。
梅簪は花芯にサンゴ玉が入り、小ぶりながらも髪に挿すと引き立つ簪です。
ブログの作品紹介に詳細載せています。
是非お試しを!
e0271858_21001464.jpg

e0271858_21001653.jpg

e0271858_21001979.jpg

e0271858_21002220.jpg

e0271858_21002499.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2016-02-15 20:31 | 仕事場 | Comments(0)

双葉葵簪・梅簪仕込み中

ギコギコ…シュッシュッ…
e0271858_20210428.jpg

コツコツ…
e0271858_20210690.jpg

トントン…
e0271858_20210802.jpg

首バキバキ…m(。≧Д≦。)m
[PR]
by kazarikanzashi | 2016-02-13 20:13 | 仕事場 | Comments(0)

扇びらかんざし修理

舞妓さんの扇びら、使っているうちに短冊びらが取れたり、曲がったり、足が折れてしまう場合があります。
今回は短冊の取り替え作業。
綺麗になり、また舞妓を美しく引き立てることでしょう。
e0271858_20371044.jpg

e0271858_20371269.jpg

e0271858_20371683.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2016-01-28 20:25 | 仕事場 | Comments(0)

トンボの原型手直し

以前からアンバランスだなぁと気になっていたトンボを手直ししました。
右が現存のモノで、左がマイナーチェンジ後。
羽根を作り直し顔の角度を変えてみました。
職人の追求心か?虫好きのこだわりか?
e0271858_19033930.jpg

上から
e0271858_19034186.jpg

前から
e0271858_19034367.jpg

斜めから
e0271858_19034550.jpg

あ、ただの自己満足ですね。
[PR]
by kazarikanzashi | 2016-01-25 18:44 | 仕事場 | Comments(0)

双葉葵かんざし製作

祇園の舞妓さんからのご注文を作りました。
まずは葵の葉を切り回し。
e0271858_17165482.jpg

葉脈をたたき彫り。
e0271858_17165748.jpg

葉に反りを付けて自然な風合いに。
e0271858_17165906.jpg

茎となる部分。
e0271858_17170146.jpg

ねじった線をさらに結びます。
e0271858_17170225.jpg

部品が揃いロウ付け。
e0271858_17170510.jpg

ふたつの葵が結ばれた甘美なモチーフ。
メッキが付いたらまたアップします。
e0271858_17170645.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2016-01-23 16:55 | 仕事場 | Comments(0)

平打ち製作つづき


家紋の彫金
e0271858_20171844.jpg

両面に彫りが入りました
e0271858_20171918.jpg

本体と足をロウ付け
e0271858_20172233.jpg

薬品で洗浄
e0271858_20172534.jpg

耳かきのヤスリがけ
e0271858_20172801.jpg

蝶の顔と羽根の紋を肉付けした後、磨き上げ終了!
メッキが付けば歌舞伎の平打ち完成。
e0271858_20173098.jpg


[PR]
by kazarikanzashi | 2016-01-22 20:08 | 仕事場 | Comments(0)

平打ち製作中

このところ製作に追われ、めっきりブログアップを怠っております。。。
昨日から平打ちの製作に取り掛かかっています。
e0271858_9562822.jpg

以前も製作しているものですが、今回はあげはの紋に透かし彫りを入れ、足や耳かき部分を肉厚にして、重厚感を出した品物になる予定です。
e0271858_9563495.jpg

厚い金属板を切り抜くのも時間がかかりますが、ヤスリがけの作業も根気を要します。
e0271858_9564056.jpg

今日は紋部分の彫金工程からの作業です。。。
e0271858_95647100.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2016-01-21 10:08 | 仕事場 | Comments(0)