ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

カテゴリ:仕事場( 138 )

煙管(キセル)ピンブローチ

先日原型を紹介した煙管が、銀製ピンブローチになりました。
なぜキセルって? 今年、渋谷から墨田区へ移転リニューアルした「たばこと塩の博物館」からお声がかかり、年明けの企画展の間、根付け・かんざし・ピンブローチなどを置いていただくことになったのがきっかけで作りました。

ところで、たばこは縁起の意味があるの知っていました?
初夢に見ると良いとされる、一富士・二鷹・三茄子、この続きがあり...四扇・五煙草・六座頭、があったとは私も調べて知りました。。

1富士=無事・日本一 2鷹=賢く強い・高い 3茄子=事を成す・目標達成 4扇=末広がり・商売繁盛 5煙草=煙は上昇して行くので運気上昇 6座頭=座頭とは、琵琶法師の座に所属する剃髪した盲人のことを言い「毛が無い」ことが転じて「怪我が無い」という家内安全の意味。

日本人の感性や洒落って面白いですね!煙管を付けて運気上昇しましょう!
銀製・煙管ピンブローチ ¥4,320(つや消し銀メッキ仕上げ・黒化粧箱入り)
e0271858_20363579.jpg

e0271858_20364192.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2015-12-22 20:43 | 仕事場 | Comments(0)

ミニ前挿し製作

年明けの成人式にお使いになる前飾りを製作しました。
以前、七五三用に作った見本があり、お客様が他の花かんざしと組み合わせてお使いになることになり、小ぶりですが華やかで愛らしい髪飾りを紹介します。

花を糸ノコで切り廻し、花に彫りを入れていきます。
e0271858_1759317.jpg

筋目が入り、丸鏨(たがね)で叩き立体的にします。
e0271858_1759932.jpg

大小の花を組み合わせ、並べてみます。
e0271858_17591479.jpg

花の枝部分をロウ付け(溶接)していきます。
e0271858_17591912.jpg

土台とビラ飾りの製作、コームを取り付けて和製ティアラになります。
e0271858_17592541.jpg

メッキが付き、サンゴと短冊びらを取り付けると、後ろの見本のような仕上がりになります。
e0271858_17593094.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2015-12-15 18:17 | 仕事場 | Comments(0)

煙管の原型

喫煙愛好家の方へ銀製のピンブローチにしようと思います。
e0271858_1814060.jpg

e0271858_18141369.jpg

e0271858_18142397.jpg

e0271858_18143215.jpg

e0271858_18144038.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2015-12-08 18:16 | 仕事場 | Comments(0)

工房ショップ かざり工芸三浦

早いもので師走となりました。
工房ショップをオープンしてから1年半、展示も少しづつ変化してきました。
浅草やスカイツリーの中間地点ですので、かんざしにご興味ある方は是非お立ち寄りください。
e0271858_17162331.jpg

e0271858_1720226.jpg

e0271858_17204191.jpg

e0271858_1721736.jpg

e0271858_17211978.jpg

e0271858_1721324.jpg

e0271858_17214342.jpg

e0271858_17215660.jpg

e0271858_172213100.jpg

e0271858_17223750.jpg

e0271858_1722564.jpg

e0271858_1723848.jpg

e0271858_17232060.jpg

e0271858_17233140.jpg

e0271858_17234189.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2015-12-08 17:34 | 仕事場 | Comments(0)

恋文根付け仕込み中

簪は魔を祓う力があるとされ、髪に挿したのがはじまりで、女性の髪を美しく彩ってきました。
その背景には様々な役目があり、愛の告白に使われたこともそのひとつでした。
簪に恋文を結び愛しい人に贈る。。

モノを贈らないと女性の気を引けない世の男性に情けを感じますが(私も含め)
そんなこと言ったら私の商売も成り立たなくなる恐れもあるので…(笑)

モノが変わっても装身具は告白の道具として今も習慣づいているのですね。
良いご縁がありますように。。
e0271858_20533698.jpg

e0271858_20533913.jpg

e0271858_20534109.jpg



[PR]
by kazarikanzashi | 2015-11-13 19:41 | 仕事場 | Comments(0)

工房模様替え

わが町墨田区では、工房ショップと小さな博物館が点在しており、昨年の工房ショップオープンに続き、現在小さな博物館の準備を進めています。
■工房ショップ:製造現場である工房や工場とそれを販売する店舗が一体となっているお店を「すみだ工房ショップ」として認定しています。
■小さな博物館:墨田区の「産業」や「文化」に関連する製品、道具、文献・資料などのコレクションを工場、作業場、民家などの一部を利用して展示しています。
e0271858_19464539.jpg

展示棚を増やし、古い櫛・簪の展示コーナーを作りました。
e0271858_19465765.jpg

金属以外に異素材のコレクションも一部展示。
e0271858_1947458.jpg

こちらは道具類の展示。
e0271858_19471210.jpg

コピーが無い時代、薄い半紙と馬連(ばれん)で複写していました。
e0271858_19471972.jpg

こちらは中村屋コーナー♪ 勘三郎丞直筆サインも展示してます。
e0271858_19472510.jpg

これから作業工程などの説明パネルなどを準備する予定です。
お楽しみに。
追記:明後日水曜日から一週間、スカイツリー・ソラマチ5Fすみだまち処にて実演販売です!
期間中、工房ショップはお休みになります。
[PR]
by kazarikanzashi | 2015-07-13 20:09 | 仕事場 | Comments(0)

ネックレス リメイク

お祖母様から譲り受けたヒスイやサンゴのネックレスを簪に作り替えるご依頼を受けました。
e0271858_9472227.jpg

うっかり取り外す前の写真を撮り忘れてしまいましたが、お預かりしたのは涙型のヒスイと楕円と数珠つなぎのサンゴ玉のネックレス、計3点。
e0271858_9513719.jpg

お客様と形や大きさなどを相談し、簪へと生まれ変わりました。
e0271858_9525375.jpg

実は今回のご依頼主、向島の芸者さん。
只今、隅田川堤では桜が満開♪ 桜まつりで桜橋のお茶屋では、向島の芸者衆が見物客にお茶を振る舞うサービスを行っています。
ちょっとした浮世を楽しんできました。。。
e0271858_1023265.jpg

e0271858_1024372.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2015-04-03 10:07 | 仕事場 | Comments(0)

びらかん・玉かん修理完成

修理工程を紹介してきた簪にメッキが付き、仕上がりました。
綺麗に生まれ変わり、また活躍することでしょう。
e0271858_1942237.jpg

e0271858_1943324.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2015-03-31 19:06 | 仕事場 | Comments(0)

びらかんざし修理

玉かんと一緒に進めている、びらかんざしの修理工程。
まずはびらを全て取り外し、それぞれの部品に分けます。
e0271858_8234644.jpg

鬢(びん)つけ油などの汚れを洗い落とします。
e0271858_826037.jpg

本体と桜の下りを磨き洗いします。
e0271858_827633.jpg

短冊びらは痛みが激しかったため、全て作り直し。
120枚ほどの短冊をひとつずつ穴を開け、カットし、メッキを付ける下準備。
一枚ずつこのようにからげていきます。
e0271858_8281022.jpg

欠損している玉のつなぎを作る工程。
e0271858_8315146.jpg

9ピンと呼ばれる金具で作る方法もありますが、今回のものは細い針金で作られていたので、同じように復元します。
e0271858_8331341.jpg

細い線を巻きつけて作る、根気のいる作業。。
e0271858_8383335.jpg

修理・修復の仕事は手間のかかる作業ですが、このような修理品を手がけると、昔の職人の手の入れようが伺え、技を身に付けることが出来ていくのです。
e0271858_8384792.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2015-03-29 08:43 | 仕事場 | Comments(0)

玉かんざし修理

床山さんからの依頼で、舞台用の玉かんの足の作り替え作業です。
長年使っていると、首や根元から折れてしまったり、足もクタクタになったものを、玉を外し新たに作り替える仕事があります。
現在この大きさの玉は入手困難になり、うまく外せたものはキレイに洗い利用します。
e0271858_9301425.jpg

松葉状の足の製作工程。
e0271858_934760.jpg

e0271858_9341651.jpg

e0271858_9343424.jpg

こちらも一緒に直す「びらかんざし」くすんで荒れてしまった短冊びらを全て取り替えます。
e0271858_9371829.jpg

こちらは新たに作る、びらかんとセットになる「えりすり」花魁の結髪に使われるかんざしです。
e0271858_9374979.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2015-03-26 09:43 | 仕事場 | Comments(0)