「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

歌舞伎美人〜かんざし編〜バックナンバー

更新するネタはいろいろあるのですが、今回平成中村座五軒長屋にて歌舞伎ファンの方々にブログの宣伝をさせていただきましたので、数年前に松竹で発行していた冊子のご紹介をさせていただきます。
この冊子は旧歌舞伎座にて配布されていたようでしたが、Webで現在も配信されています。
歌舞伎ファンなら言うまでもないことだと思いますが。。。
取材時に撮影してくださったTONYさんというカメラマンがとても素敵に撮ってくれました。
画像も含め是非ご一読を。歌舞伎美人(かぶきびと)

※歌舞伎美人の紹介ページに載っている「お店データ」には自宅の電話番号と「店舗はありません」と記載されていますが、平成26年6月から自宅の1階を「工房ショップ」としてオープンしております。
お問い合わせの際は工房へご連絡ください。
工房ショップ かざり工芸三浦:03-6751-8858

e0271858_22522183.jpg
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-31 23:14 | 日記 | Comments(0)

平成中村座千穐楽

半年以上もの長い公演を経てきた浅草平成中村座も本日で千穐楽となる。
今回も様々な体験やご縁があったと思い返す。
まずはお大尽席用の記念品を作らせていただいた、銀製の角切銀杏紋の根付けである。
今回は特別な品物なので長屋での販売はしなかったが、次回出展時には販売する予定。
長屋には2回出展したが、1回目は1月の寒い時期だった。
雨や雪も降り、待ち時間にはストーブの前で売店のお姉さんやお茶子さん達と震えていた。
2回目は5月の暑い程の陽気で気持ち良く過ごすことができた。
期間中は三社祭にも当たり芝居小屋付近には祭りのお囃子が聞こえ、演目中の「め組の喧嘩」
では最後に浅草の本物の神輿が登場する演出もあり、昨日は舞台で担ぐこともできた。
稽古中の舞台に上がらせていただいたことはあったが、本番に役者さん達と一緒の舞台に上がる
ことなど有り得ない体験をすることができた。
今回は勘太郎改め勘九郎襲名もあり、床山さんからの仕事で作らせていただいた角切銀杏紋の
平打ちが襲名披露の鏡獅子で着けられ、ポスターにも写っていたことも嬉しかった。
そして最後に、公演期間中に勘九郎丈襲名を記念して五軒長屋オリジナルメンバーから
楽屋のれんを贈らせていただいた。
e0271858_6562615.jpg

扇子・江戸文字・手ぬぐい・かんざし・市松人形
今後も平成中村座公演の際には楽屋に下げていただくことになるだろう。
e0271858_656365.jpg

本日千穐楽!がんばってきます!!
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-28 07:07 | 日記 | Comments(2)

東京スカイツリーグランドオープン!

東京スカイツリーが22日にグランドオープンしました。
只今中村座で実演中ですが、その日は午後からでしたので、すみだまち処までちょいと顔出し。e0271858_21474553.jpg

あいにくの天候でしたがツリー内は溢れんばかりの人混み。
ソラマチ5Fにあるすみだまち処、すみだブランドを取り扱っているショップです。
e0271858_21481072.jpg

私の品物もこのように展示されていました。
e0271858_21483192.jpg

これから種類も増やしていく予定です。
e0271858_21484775.jpg

すみだマイスターの常設展示コーナーには日本舞踊で使われる簪を展示してあります。
e0271858_2149413.jpg

隣接している墨田区伝統工芸保存会実演ブース「技処」一週間交代で職人の技が見られます。
現在は押絵羽子板の西山和宏氏、30日からは市松人形の藤村紫雲氏。
e0271858_22101714.jpg

そして私の実演日は6月6日~12日の予定です。
お時間ありましたらどうぞのぞきに来てください。
e0271858_21575911.jpg

中村座も残すところ3日間、ラストスパート頑張ります!
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-25 22:23 | 日記 | Comments(0)

中村座長屋日記つづき

20日(日)中村座3日目。
いつものようにチャリで到着した頃、タイミング良く芝居小屋前に三社の一の宮が渡行してたので
すかさずパチリ!
e0271858_23352066.jpg

ここでメンバー紹介。
まずは五軒長屋当初からご一緒させて頂いてる江戸文字の橘右之吉さん。
e0271858_2339689.jpg

ブログの表紙に載っている「かんざし丸」のロゴを書いて頂いたのもこの方。
前に立ってる体格のいいのはお弟子さん。
地元ではお囃子を小さい頃からやっているとか。。。とても感じの善い子です。
e0271858_23394861.jpg

続いて祭り絵師の船橋一泰さん。
以前奥山でも紹介したが私と同い年のひつじ組。
e0271858_23421068.jpg

下町各地の神輿や祭り風景などを手描きし、絵はがきやぽち袋などを販売している。
風情のある絵は抜群の腕前!こんな風に上手く描けるようになりたいものだ。
e0271858_234368.jpg

そして祭り装束のこの子。
中村座でお客様の誘導や案内をする「お茶子」と呼ばれている係のリーダー木村ちゃん。
普段は茶色の作務衣姿なのだが、今日は三社祭りでOFFを取り町内半纏を羽織っての登場!
ちゃきちゃきの浅草っ子。
e0271858_23423389.jpg

芝居中は与太話をしながら、みんなでのんびり楽しくやってます。
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-21 07:00 | 日記 | Comments(2)

中村座長屋日記

18日から出展している職人長屋。浅草では丁度三社祭に当たり、芝居小屋もいつもと違った空気。
演目の目玉である「め組の喧嘩」では本物の浅草神輿が登場し賑やかなクライマックス!
e0271858_8102297.jpg

中村座の付き物になったこの長屋は本来五軒。
今回は長期公演のため三軒になったが、ニューヨーク公演から始まったのが五軒長屋である。
オリジナルメンバーは扇子屋(文扇堂)荒井修氏・江戸文字(うのす)橘右之吉氏・
手ぬぐい屋(ふじ屋)川上千尋氏・市松人形師の藤村光環氏・そして錺かんざし屋の私。

平成中村座を盛り上げるためにニューヨークまで付いてくる奴はいるか~と荒井氏の鶴の一声で
集まったのがこのメンバー。私以外は職人の大先輩ばかりだが誘っていただいたことに感謝。

今回ご一緒させていただいてるメンバーは江戸文字の橘右之吉さんと祭り絵師の船橋一泰さん。
長屋風景はまた追ってアップします。
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-20 08:50 | 催事・展示会 | Comments(0)

平成中村座&スカイツリー祝賀イベント

5月で最終公演となる平成中村座。催事のお知らせでは19日から実演となっていましたが、
出展者スケジュールの都合で明日18日から出ることになりました。
また、チラシには27日が最終日となっていますが、1日伸び28日が千穐楽です。
実演期間中「ブログを見たよ」とお声をかけてくださったお客様には、かんざしポストカードを
差し上げますので、是非とも職人長屋の方ものぞいて見てください。
e0271858_8473749.jpg

そしてこちらは、いよいよ22日開業となる東京スカイツリー!
町をあげて19日20日に盛大な区民祝賀イベントが行われます。
周辺では模擬店やら様々なパレードやら神輿まで出しての大騒ぎの様子。。。
尚、スカイツリー敷地内ソラマチ4階スカイアリーナにて墨田区伝統工芸保存会でも展示販売や
実演も行いますので機会がありましたら是非お立ち寄りください。
e0271858_8481465.jpg

私は隅田川の向こう岸にある中村座でのんびりやってま~す!
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-17 09:34 | 催事・展示会 | Comments(0)

かんざし製作(桜びら簪)その2

昨日の続き。
桜の花の花芯部分を作ります。
e0271858_922236.jpg

薄い真鍮板を5mm程に切り、更に切鋏で切り目を入れます。
e0271858_9225075.jpg

筒状に丸め、花にはめ込んだ状態。雌しべを広げ花らしくなりました。
e0271858_9231112.jpg

各部品をロウ付けし、形を整えます。サンゴ玉を置いて完成時を確認。
e0271858_9234286.jpg

台座と足をロウ付けし、足にアクセントとなる彫金を入れます。
松ヤニの台に本体を固定し彫りを施します。
e0271858_924537.jpg

花の下に月が見え隠れ、足の部分の彫りは月明かりが水面に映っているという見立て。
隠れて見えない部分に細工を施すのが錺の特徴。
錺が意味する物語を紐解いてみるのも楽しみのひとつです。
e0271858_9242195.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-14 09:00 | 仕事場 | Comments(2)

かんざし製作(桜びら簪)その1

仕事場から。
和楽4月号の表紙になった「桜びら簪」のご注文をいただいたので、製作工程を紹介します。
下絵を真鍮の板に張り付け、糸ノコで切り回した後の段階。
e0271858_8502480.jpg

使うパーツを完成時の形に置いてみました。単に平面の切り絵のような状態。
ここから生命を吹き込んでいきます。
e0271858_8504893.jpg

台座には月の透かし彫り、アクセントに梨地模様を入れます。
葉に葉脈の彫りを入れます。虫食いも表現し自然の風合いを出します。
e0271858_8511085.jpg

花に立体を出し再び完成時の形に置いてみました。
茎になる部分はいろんな細さの針金を使います。まだプラモデルのような状態。
e0271858_8513061.jpg

次に花の花芯部分を作り、彫金・ロウ付けの工程へと進めます。
続きはまた明日。。。
e0271858_8525087.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-13 09:19 | 仕事場 | Comments(0)

サントリー美術館

昨日は現在展示販売中のサントリー美術館shop×cafeへ納品に行って参りました。
せっかくなので「毛利家の至宝展」も見させてもらい、平日というのに朝からかなりの観覧者。
とても充実した展示になっており、円山応挙の「龍門鯉魚図」が印象的でした。
e0271858_9104110.jpg

shop×cafeにはこのように品良く展示されていました。
「毛利家の至宝展」は5月27日(日)まで開催中です。
e0271858_9111750.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-10 09:30 | 催事・展示会 | Comments(0)

玉かんざし修理

先日の奥山で浅草の芸者さんから修理の依頼を受けました。
銀製品なので変色もしています。
e0271858_915326.jpg

ご要望は耳かき部分を長くしたいとのこと。
耳かきのみを新規に製作します。
e0271858_9162590.jpg

銀の板から耳かき部分を切り回ししている工程。
厚みを出すため二枚重ねにロウ付けして作ります。
e0271858_9165117.jpg

首の部分になるパイプをロウ付けした状態。
耳かき状にたたいて反りを付けます。
e0271858_9171185.jpg

ここからヤスリで削り出し、滑らかな曲線を整形していきます。
簪にとって耳かきは飾りの次に重要な部分。
本体とのバランスを考え、長さ・大きさを決めます。
e0271858_9173446.jpg

整形後の状態や磨き工程をうっかり撮り忘れ・・・仕上がりました。
銀本来の輝きを取り戻し、生まれ変わりました。
e0271858_9175537.jpg

来週の三社祭で使いたいとの依頼でしたので急ぎの仕事でしたが、喜んでいただけたら幸いです。
e0271858_9181618.jpg

このように修理や修復などの仕事も受けております。
箪笥の中に眠っている簪が甦ります、是非ご一報を。
[PR]
by kazarikanzashi | 2012-05-09 09:44 | 仕事場 | Comments(0)