「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

歌舞伎俳優の平打ち簪

只今実演中のスカイツリーソラマチ5Fすみだまち処、本日も沢山の人出でした。
一日中人の流れを見て家に帰ると、何だかドッと疲れが出ます。。。

さて話題を変えて、以前ご紹介させて頂きました歌舞伎俳優の市川猿紫丈のブログに私が作らせて頂いた沢瀉屋の平打ち簪が紹介されていました。 今月行われていた四国金毘羅歌舞伎でお使いになられていた様子がアップされております。
「市川猿紫夢道中」(今月のお役)衣装を着て鬘に挿した写真をファンの方へ分かりやすく解説されています。
猿紫丈、来月は京都南座「五月花形歌舞伎」に出演するようです。
歌舞伎俳優の方々はタフですね!実演ごときで泣き言を言っているようじゃ私も甘いな。。。

下の写真が製作中の時に撮ったものです。
裏方仕事の立場ですが、実際に舞台で使われている実感に満たされます。
猿紫さん有り難うございます。
e0271858_20121681.jpg


因に只今実演現場でも歌舞伎座の床山さんからご注文頂いてる平打ちを製作中です。


 
[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-28 20:42 | 日記 | Comments(1)

スカイツリーまち処 実演

昨日24日から始まりましたソラマチ5Fまち処での実演。
まだ2日目ですが、私の当番日を事前にチェックされてお越し頂いたお客様が数名もいたことには有難い思いです。

実演は30日(火)まで行っております。
「ブログを見て来た」とお声がけ下さった方にはポストカードを差し上げます!
e0271858_16161956.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-25 15:58 | 催事・展示会 | Comments(2)

催事のお知らせ(うちの弟子編)

私の弟子(弟子と言っても月に1,2回来る程度ですが)かれこれ8年くらい通って来てるでしょうか。
ここ数年でようやく展示会等に出展できるようになり、今回も仲間の縁で福島県三春町にて行われる、「手しごとちょっくら市」に出展するようです。
e0271858_13464869.jpg


名は石橋千絵子と申しまして、京都の伝統工芸専門学校(現在は大学のようです)を卒業後、うちの見習いとして通っております。
e0271858_1347264.jpg


細部の指摘は今でも多々ありますが、このようなモノを作れるようになりました。
e0271858_13471392.jpg


先日手伝いに来た時の風景。えりずりのびらの組上げ作業です。
e0271858_13472417.jpg


忙しい時には私の右手となり頑張っております!
福島方面の方、機会がございましたら是非お立ち寄りください。
e0271858_13473447.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-24 06:00 | 日記 | Comments(0)

催事のお知らせ(職人仲間編)

職人仲間(とは言っても私よりキャリアのある先輩ですが)の展覧会が本日から
台東区立 一葉記念館にて始まります。
江戸指物師の渡邊 彰氏、仕事以外でも仲良くさせていただいてます。
会期中お時間ありましたら是非足をお運びください。
e0271858_13331886.jpg


e0271858_13333777.jpg


[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-23 13:40 | 日記 | Comments(0)

催事のお知らせ

来週24日〜30日の一週間、スカイツリー・ソラマチ5F すみだまち処にて実演いたします。
また、GWは長野県小布施町にて墨田区伝統工芸保存会の展示会が行われます。
私は5月3日のみ小布施の会場におります。下記は小布施展示会「技人展」のチラシです。
その他、催事のお知らせを更新いたしましたので参照ください。
e0271858_10154487.jpg


e0271858_10172974.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-19 10:16 | 催事・展示会 | Comments(0)

能の冠

歌舞伎や能装束の組紐を製作している友人のご紹介で、能で使う冠の手直しの依頼を受けました。
e0271858_9162636.jpg


先日、神楽坂にある矢来能楽堂へ出向き、能楽師の方からお預かりした「天冠」
実際使うときには、この周りに煌びやかな装飾品が取り付けられます。
e0271858_9164271.jpg


手直しするのは紐を通す穴にハトメ金具を取り付けるだけなのですが、取り扱いには気を使います。
e0271858_917519.jpg


時代がかったように金具をくすんだ色合いにします。手前が加工前のもの。
e0271858_9172077.jpg


取り付け後の状態。それほど複雑な修理ではないのですが、いろんなご縁から普段触れることができない貴重な経験をさせていただきました。
e0271858_9173694.jpg


実は数年前にも一度同じ修理を受けて、初めて能楽堂に訪れた時のことをお話しします。
その日は年に一度の陰干しの日らしく、能楽堂内に装束や面を並べ、点検をする日でした。
能楽師の方がご丁寧に面ひとつひとつの説明をしてくれて、大変勉強になりました。
その時撮ってきた写真です。
e0271858_9583942.jpg


目と歯が金色に塗られたものは人間ではなく亡霊や幽霊なんですって。
その他にも、鬼になる途中の顔や、酔っぱらいの顔や、男をだます女の顔などなど。。。
お宝品も含めとても興味深い体験ができたことを思い出します。
e0271858_9585959.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-11 10:03 | 仕事場 | Comments(0)

龍馬伝 お元の櫛簪

昨日からNHK BSプレミアムで「龍馬伝」の再放送がはじまりました。
当時NHK美術からの依頼で、蒼井 優さん演じる「お元」の櫛・簪を製作させていただきました。
図案はうちにあるものを提案した「観世水文様」
時代がかったように古美仕上げで製作したものです。
e0271858_7415954.jpg


もうひとつ、余 貴美子さんが演じた「大浦 慶」の櫛・簪
こちらはNHK美術からの図案をもとに下絵を描きおこし製作しました。
名前の頭文字「K」をモチーフとした、文明開化らしい西洋文化を取り入れたデザインですね。
e0271858_742844.jpg


ご興味のある方は気にして見てください。
「龍馬伝」(全48回) NHK BSプレミアム 2013年4月6日(土)より 毎週土曜日 午後6時から
[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-07 08:14 | 作品紹介 | Comments(0)

傾城えりずり修理

只今修理中の「えりずり」と呼ばれる簪の作業風景です。
えりずりとは「傾城」いわゆる花魁・遊女の髪型に左右一対で挿す簪のこと。
今回床山さんからの修理品は、くすんでしまったので綺麗にしてほしいという依頼。
e0271858_845820.jpg


いつもつい写真を撮るのを忘れてしまい...既にびらを取った状態。
かなり腐食していたので、短冊びらは全て新規に作り直すようになります。
e0271858_8471974.jpg


簪には200枚ほどの短冊びらが下がります。
一対で使うものなので少しでも重さを軽減するため、薄い板を使います。
e0271858_8482216.jpg


真鍮板に筋を入れ、穴をあけ、短冊状に切って行きます。
反りを直し、サンゴ玉と組んでメッキを付け直せば新品同様に甦ります。
e0271858_8582192.jpg


参考までに「廓文章」夕霧の髪型。歌舞伎美人から抜粋させていただきました。
e0271858_954298.jpg

[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-06 09:12 | 仕事場 | Comments(0)

六代目中村勘九郎襲名披露公演 飾り絵馬

昨年二月の新橋演舞場より始まった勘九郎襲名披露公演が先月千穐楽を迎え、公演期間中に劇場内に飾られていた飾り絵馬が戻って参りました。
この飾り絵馬は襲名祝いとして贔屓から贈るもので、私も平成中村座五軒長屋のお付き合いで参加させていただきました。
e0271858_11284852.jpg


ちなみにこちらは勘三郎襲名披露公演の時に贈らせていただいた入山招木(いりやままねき)です。
我が家の玄関に飾らせていただいてます。
e0271858_11314831.jpg


本日は歌舞伎座の杮葺落ですね!
勘三郎さんが居ないのはとても残念ですが、歌舞伎界も新たな風が吹くことでしょう!

私のブログもこの四月で一年を迎えました。
仕事の傍ら行うアップもなかなか大変ですが、このページから多くの簪を求めている方々に出会えることが出来ました。しがない簪職人の日常ではありますが、これからも宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by kazarikanzashi | 2013-04-02 11:48 | 日記 | Comments(0)