ブログトップ

かざりかんざし職人三浦のブログ

kazashi.exblog.jp

休日

昨夜は隅田川花火大会があり、普段静かな我が町も年に一度の大賑わいでした。
私は毎年友人宅屋上で見物、久しぶりに会う仲間と話もはずみ呑み過ぎました。。。
e0271858_1943471.jpg

本日機能停止。。。ベランダに出てボーっとしていると甲虫が網戸にペタリ。
コガネムシの仲間アオドウガネ参上!
e0271858_19433754.jpg

洗練されたフォルムに愛らしい丸みと美しい色。(虫好きにしか理解できないでしょう)
世界には金や銀色に輝くプラチナコガネという虫もいるんですよ。
今日は昆虫図鑑を見ながら一日中ゴロゴロしてしまいました。。。
e0271858_19435490.jpg
[PR]
# by kazarikanzashi | 2012-07-29 20:14 | 日記 | Comments(0)

天然石かんざし・帯留め

■花玉かんざし¥12,960(税込み)
■木の実帯留め¥12,960(税込み)
天然石を花や木の実に見立てた簪と帯留め。
夏には涼しげな青や緑玉、冬には暖色系の赤や茶玉など、季節に合わせて使い分けもできます。
(サンゴ・茶金石・赤メノウ・緑メノウ・青メノウ)真鍮製・つや消し銀メッキ仕上げ
e0271858_7133990.jpg


[PR]
# by kazarikanzashi | 2012-07-26 07:23 | 作品紹介 | Comments(0)

昆虫ブリキバッヂ

何かと雑用が多く、久しぶりのアップです。
先日ショッピングモールで見かける駄菓子屋コーナーで見つけたブリキのバッヂ。
昭和の香りが漂うチープな作りと、昆虫好きにはたまらないモチーフについ買ってしまいました。
これから彼らのシーズン到来!早く本物に会いに行きたい気持ちです。
くだらない投稿でゴメンナサイ。。。
e0271858_1752632.jpg

仕事の方は、普段使い用のびら簪の製作に取り掛かってます。
e0271858_17522840.jpg

浴衣の季節になり、スカイツリーすみだまち処でも簪がポツポツ売れ始めてます。
女子のみなさん、花火見物は浴衣に簪で女子力アップしてくださいね。
e0271858_17524438.jpg

P.S 催事のお知らせ更新しました。
[PR]
# by kazarikanzashi | 2012-07-24 18:31 | 日記 | Comments(0)

銀かんざし(雪輪つなぎ・宝船・羽子板)

■銀製・雪輪つなぎ簪 ¥46,440(税込み)全長140mm
輪つなぎ文様を雪輪で象ったもの。本体にも丸文様を散らして愛らしい雰囲気にしています。
e0271858_7593751.jpg


■銀製・宝船簪 ¥46,440(税込み)全長140mm
宝の文字を帆を張った船の形に図案化したもの。点の部分のサンゴ玉がアクセントになり、
本体には青海波の彫り。
e0271858_7595891.jpg


■銀製・羽子板簪 ¥62,640(税込み)全長140mm
二輪の梅の花に羽根を組み合わせたもの。暮れの羽子板市・新年・おめでたい席などに。
それぞれの飾りに細かい彫りが入り、小さいながらも凝った作りになっています。
e0271858_801373.jpg

[PR]
# by kazarikanzashi | 2012-07-16 08:30 | 作品紹介 | Comments(0)

銀かんざし(心に錠・三階松・勝ち虫)

銀製かんざしの紹介。
銀板に図柄を貼り付け、飾り部分・足部分全てを糸ノコで切り抜き、ヤスリがけ・彫金・ロウ付けの工程を経て、手磨きで仕上げて作ります。
メッキの銀色とは違い、銀本来の乳白色がかった色合いは生地仕上げならではの輝きです。

■銀製・心に錠簪 ¥37,800(税込み)全長140mm
江戸時代のデザインを復刻したもの。心という字に錠前の意匠、すなわち「心に情をかける」という洒落。心変わりしない祈りがこのふたつの飾りだけで表現されています。
アクセサリーが無かった時代、告白の道具として使われたのでしょう。
e0271858_7203318.jpg


■銀製・三階松簪 ¥43,200(税込み)全長140mm
簪のルーツは自然界の草木を頭に挿したのがはじまり。一年中緑を絶やさず生きている松や榊などの常緑樹には神秘の力があるとされ、髪に挿すようになりました。
簪には魔除けの役目があるのです。この簪は原点ともいえる意匠です。
e0271858_7222711.jpg


■銀製・勝ち虫簪 ¥51,840(税込み)全長140mm 羽根左右28mm
とんぼは後退りせず一直線に獲物を捕らえる姿から勝ち虫と呼ばれるようになりました。
戦国時代にはその習性に祈りをこめ、武具の飾りとしても使われています。
前に進んで勝利を勝ち取る。どんな時代でもポジティブな思いは大切です。
e0271858_722438.jpg

[PR]
# by KAZARIKANZASHI | 2012-07-14 08:38 | 作品紹介 | Comments(0)